結婚指輪はペアリングじゃなくても本当に大丈夫?好きな指輪で大丈夫です

ペアリング以外でも大丈夫

「ペアリングじゃなくても大丈夫ですよ、僕らはペアじゃありません」

でもその選択は正しいのか気になりますよね。

「本当にペアじゃなくて大丈夫なの?」

僕もはじめはそう思いました。

まず結論から書きますと、ペアじゃないといけないという決まりはありません。

ブライダルサロンの方と指輪屋さんの人に伺って知ったことです。

でもその選択が後々正しかったかどうか悩んでしまうかもしれません。

決まりはないからペアじゃなくても大丈夫とも言えますが、やっぱり人によってはペアリングが無難な方もいらっしゃると思うんです。

  1. ペアリングをおすすめする人
  2. ペアリングをおすすめしない人

2パターンについてお話します。

結婚指輪 いらない?「結婚指輪が高い!いらない!」と思っているあなたが彼女と正直に話し合った方が良いこと

ペアリングの購入をおすすめしたい人

ペアリング以外でも大丈夫

女性がどうしてもペアリングが良いとき

一生残るので、彼女がペアリングが良いと言っている場合は、ペアリングにしたほうが良いです。

間違いなく後悔が残りますので…

性格上あとから気になりそう

ペアリングを買わなかったことについて、あとから気にしてしまいそうならば、無難にペアリングを選んでおいたほうが良いはず。

値段よりも大切なこともあると思うので、いま一度検討してみても良いかもしれません。

第三者からの意見(どちらかの両親がこだわる)

たとえば、両親。

片方のご両親が反対しそうなら、意見は尊重したほうが良いですね。

あとは他人の目が気になるなど。

 

ペアリングじゃなくても幸せになれる方

ペアリング以外でも大丈夫

デザインやブランドに強いこだわりがある

どちらかが、「どうしても欲しいブランドの指輪がある」という場合は、片方そのブランドにして、片方は安いのでも良いのではないかと。

うちはコレです。

奥さんの指輪が結構高かったので、それに付き合っていたらアホみたいに高くなっていたんですよね。

だからこだわりのない僕は安い指輪を選びました。

この場合奥さんはほしい指輪がある!という物欲もあったので、ペアリングじゃなくても全く問題ありませんでした。

お互いが幸せになれるパターン!

男性が飾り物が嫌いな場合

男性がつけないかもしれないなら、彼女の指輪だけガッツリと良いモノを買ってあげれば良いと思います。

仕事柄つけない、つけれない可能性がある

仕事で邪魔になる場合もありますよね。

あまり好まれない職場もあるかもしれません。そんな場合はペアリングじゃなくても良いかも。

POINT!
あまりつけないかもしれないなら、もったいないので片方は安くても良いんじゃない!?っていう考えです。

 

ペアリングが良いかどうかは性格による

ペアリング以外でも大丈夫

完全に主観ですが、本人同士が納得できるかどうかだと思うんですよね。

キッチリとしている方や、そのことで悩みやすい方ならペアリングが一番スッキリすると思います。

逆に形式にはこだわりがなく、結婚指輪もファッションの一部くらいに捉えられる方なら、自分が一番欲しいモノを買えば良いと思っています。

僕の場合は奥さんは高い指輪、僕は安い指輪と欲しいモノという感じに落ち着きました。

この買い方はお互いが本当に満足することができたので、まとめ記事からぜひいろんな記事をごらんください)!

ペアリング以外でも大丈夫結婚指輪はペアリングではなく男女別々のデザインを選ぶと選択肢が広がって安く買える