禁煙してよかったこと、しんどかったこと(離脱症状)

Non smoking

MEMO
2016年から禁煙を始めました。別ブログに書いていたことを再掲載しています(2018年11月:禁煙してから1本も吸うことなく過ごせています)

禁煙をする上で一番気になるのはやはりメリット・デメリットだと思います。

タバコをやめた実体験を元によかったことや禁断症状(離脱症状)について書いてみますので、参考にしてみてください。

タバコをやめてよかったこと(大きすぎるメリット)

百害あって一利なしと言われるだけあって、やはり禁煙のメリットはたくさんあります。

息がクサくない

自分でも息がクサいと感じることはなかったでしょうか?

僕は吸った直後は自分でも結構感じていました。特にコーヒーをセットで飲んだとき。

もしなにも感じないと思っているのであれば、染み付きすぎて大変なことになっていると思います。

僕がクサいと感じていたときは、マスクをしていたときです。もし、ニオイに敏感ではない方は、マスクをしてみたり、袋に息を吹きかけて匂ってみてください。

ショックを受けるはずです。

この項目を読んでもしかすると腹が立つかもしれません。でも現実です。タバコをやめるとよりわかります。

ちなみに、iQOSを吸っている方はよく「iQOSニオイないから!」と言いますが、勘違いです。

ニオイに対する感じ方の変化

タバコを吸っている人のニオイをかなり敏感に感じるようになりました。

自分もこうだったのかと考えると申し訳ない気持ちになります。タバコの本当のクサさに気づけたことは良かったです。

ちなみに、知り合いの美容師さんがタバコをやめようと思ったきっかけは、スーパーの魚コーナーのおじさんのニオイでショックを受けたからだそうです。

接客でこれはヤバいってなったらしい。体臭コワい。

お金が減らない

結構前にタバコをやめた友達も言ってたのですが、コンビニに行かなくなるのでお金の減りが遅くなりました。

コンビニではタバコ以外にもついで買いをしてしまうことも多々あります。しかもスーパーよりも高い商品を。

コンビニに行く回数が減ったことはかなりのメリットです。会社帰りにサッと帰れるようにもなりました。

時間に余裕ができた

タバコを吸うときは喫煙所や外で吸っていたので、そのための時間が増えていたと思います。

  1. 仕事中は休憩中に外で喫煙
  2. 飲食店でも居酒屋以外は外で喫煙
  3. 家でもベランダで喫煙
  4. 車でも吸わなくなってたので喫煙所などで

これらを考えるとかなりの時間をタバコに費やしていたんですね。

1本5分程度(もう少し早い人もいると思う)として、1日10本吸えば50分。

「この間にスマホで情報収集してるから……。」って自分に言い訳してみたりもしましたが、毎回ではありませんでした。

息抜きがムダとは思いませんが、結構な時間タバコを吸っていたなあと反省。

 

タバコをやめるときの離脱症状や体の変化

Non smoking

よく聞く離脱症状(禁断症状)ですが、僕もしっかり体験しました。

これがキツかったからタバコをやめられたのかもしれません。

やめれなかったとしても、再チャレンジはすると思っていたので、このツラさを2回は無理だなと思ったか頑張れました。

離脱症状① 眠気

ずーっと眠たいということはありませんでしたが、寝転んだら一瞬で眠れました。

正直気持ちよかったです。

新婚旅行中に禁煙を始めたのですが、毎日楽しかったので遊んでいるときに眠くなるということはありませんでした。

仕事中だったらやばかったと思います。絶対毎日眠かったはず……。

この症状は新婚旅行から帰ってきてからも少し残っていました。

離脱症状② めまい(一番しんどかった)

ふとした時に頭がグワングワンしていました。

オーストラリアで「この島揺れてない?浮き島なん?」ってガチで言ったほどです。これも禁煙開始から3週間くらいまで続いていました。

離脱症状③ 太った

僕はどちらかというとガリガリの部類で、自分は太らないという根拠のない自信がありました。

しかしあっさり太りました。4キロも。

今結構体を動かすようになりましたが、継続しなければヤバいと思っています。

喫煙していたときは、食べたものを体が正常に吸収できていなかったんだなと思いました。

離脱症状④ タバコの夢を見た

開始10日目くらいでしょうか。禁煙を失敗した夢を見ました。

相当驚いて目が覚めたのですが、この日を境にタバコを吸いたい気持ちがなくなりました。

この症状にタバコの闇を感じて怖くなったのかなと思います。笑

離脱症状や体の変化は以上です。

あ、あと自分ではわかりませんが、顔の肌が綺麗になったと言われました。

番外編① タバコのコミュニケーションがなくなる

タバコ休憩は最近では問題視されることもよくあります。

ですが、社長とのコミュニケーションはタバコをやめて全くと言いほどなくなりました。若干デメリットかなとは思ってます。

結構あの時間にグチや相談をしやすかったのは事実です。

注意
タバコ休憩はほどほどに。笑

最近ではタバコを吸わない人は休憩しないのに。スマホをつついただけで怒られるのに。とよく問題になっています。

 

さいごに

タバコをやめることによるメリットはたくさんあります。

でもデメリットはほとんどなく、離脱症状という形で自分に還ってくるだけのことです。

それを乗り越えれば、

  • お金が減らない
  • 体臭の変化
  • 時間に余裕ができる

など良いこともたくさんあるのでぜひ頑張って禁煙をしてみてください!

禁煙が完全に成功した今思うことは、離脱症状も結局そのときだけで、そんなにしんどくなかったような気もします…。笑