30代からのメンズスキンケアを楽しんでます

『Cambridge Audio Melomania1』完全ワイヤレスイヤホンレビュー

ケンブリッジオーディオのイヤホンをレビューします。
今までAnkerのSoundcore Liberty Airを使っていたので、金額で言えば1万円ぐらいグレードアップしたイヤホンです。

ケンブリッジオーディオはイギリスにある創業50年ほどの老舗の音響メーカーで、音質にとてもこだわっているという口コミを見て購入することに決めました。
イヤホンというかアンプやスピーカーが有名なようです。

参考 Cambridge Audio公式サイト

期待していたポイントはクリアで聞き取りやすい音質です。

今回のイヤホンのレビュー内容

  • 音質
  • つけ心地
  • 見た目
  • 携帯性
  • 操作性
  • Bluetoothペアリングがスムーズにできたかどうか

Melomania1の音質について

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

僕はケンブリッジオーディオを使ったことがなかったので、Amazonのレビューや価格コムの口コミを見て購入を決めました。

書かれていたのは特に音質の面で、すごくクリアで綺麗な伸びのある音っていう感じで紹介をされている方が多くいたのが印象的でした。

始め使ってみた印象は高音がとても綺麗ではっきりとした音が聞こえるような感じ。と僕も思いました。
これは買って良かったなぁと思いましたたが、逆にちょっと低音がなんと言うか軽いような気がしてあまりドンドンドンという感じのベースとかドラムの音とかが聞こえて来ないような気がしたのは「アレ??」っと思いました。

イヤーピースで音は変わる

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

しかしこれはイヤーピースの問題もあったんですよね。

一番最初についていたイヤーピースは、シリコンタイプの安いイヤホンにもついているようなふわふわのものです。それを低反発のメモリーフォームイヤーピース(付属品)に付け替えると低音もぐっと引き締まって、しっかりと高音低音どちらも深みが出るように感じました。

つけ心地のところでもお話ししますが、この低反発のイヤーピースをつけるとフィット感も増すのでこれをつけとけば間違いありません。メモリーフォームってのは多分耳の形に合わせて形状を変化してくれるってことですかね。

イヤーピースを付け替える場合のサイズ

イヤーピースを付け替える場合は600サイズになります。普通より大きくて選択肢は少ないみたいです。

前に使ったことがあるコンプライは、一応600サイズもあるので今度買ってみようかなと思っています。ただしコンプライを付けると結構をケースに入らなくなることがあるので使うかどうか悩みどころかな~

デザインや見た目の部分について

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

イヤホン本体の形は台形のような円柱のような形で、AppleのAir Pods Proとは正反対のデザインです。

耳につけていない状態での見た目はなかなかかっこいいなと思いました。

耳につけた時の状態

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

耳につけた時の状態は、若干耳よりも出っ張っているような感じがして大きい印象はあります。しかし鏡で見てみると思ったよりも出てない様子。公式サイトを見ると結構出てるんですが、これはシリコンタイプのイヤーピースのときの写真かなって思いました。

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

正面から。耳よりは出てないので個人的には許容範囲内。

ケース

プラスチックで安っぽさはありますが、見た目はかっこよく作られています。

▼さくっと20秒くらいのケースだけ紹介している動画を作りました。

つけ心地

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

つけ心地は始めから装着されていた(多分シリコンのMタイプ)イヤーピースでは僕の耳には全くフィットせず、耳を傾けると簡単に落ちてしまっていました。

正直これはやばいなあと思ったんですが、付属の低反発のイヤーピースを付け替えるとすごく耳にフィットして落ちそうな違和感は感じはなくなりました。
ノイズキャンセルは多分ないんですが、低反発イヤーピースのおかげでだいぶ外部音はシャットアウトされます。

僕はこのタイプが結構耳にフィットするので好きなんですが、長くつけているとちょっと耳が疲れるので注意。

携帯性

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

とても軽く、ケース自体も手のひらよりもだいぶ小さいのでポケットにも余裕で入ります。
ケースの大きさはスマホと比べると1/3ぐらいのサイズなので、持ち歩きにはとても適しています。

操作性

Melomania1 ケンブリッジオーディオ

操作性はかなり良く、イヤホンをタップする感じじゃなく物理ボタンをカチカチと押すタイプなのでしっかりと操作している実感があります。

タップするタイプはイヤホンがちゃんと操作ができたか分かりにくいときがたまにあったので、個人的には物理ボタンの方が好きかもしれません。

機能的には音量調整もできるし、Google アシスタントにも対応しているのでかなり便利なイヤホンだと思います。AnkerのSoundcore Liberty Airに比べて1万円ぐらい高いのですが、それ以上の金額差があるように感じます。

Cambridge Audio Melomania1の操作方法

  • 再生一時停止:1回押す
  • 曲送り:右イヤホンを2回押す
  • 曲戻し:左イヤホンを2回押す
  • 音量を上げる:右イヤホンを2秒長押し
  • 音量を下げる:左イヤホンを2秒長押し
  • 着信受話:1回押す
  • 電話拒否:1秒長押し
  • 通話終了:2回押す(通話中)
  • ボイスアシスタント:2回押す
  • ペアリング:2秒押す

イヤホンのスペック

名称Cambridge Audio Melomania1
ケーブル完全ワイヤレス
接続方式・Bluetooth5.0
・マルチペアリング
・最大7デバイス
電池持ち・連続再生時間は9時間
・ケースは4回充電可能
・ケースを持ち歩けば最大45時間再生可能
重量ケースとイヤホン合わせて46.2g
充電端子Micro USB
ノイズキャンセルおそらくなし(Amazonにはありと書いてある)
付属品・イヤホン本体
・イヤーピース(シリコンS/M/L・メモリーフォームイヤーピースM)
・ケース(充電器)
・Micro USBケーブル
・説明書等(保証書含む)
イヤーピース規格600サイズ
防水性能IPX5(水の噴射を直接浴びても聞き問題に有害な影響がないことを表す等級)
その他・音楽だけでなく通話も可能で通話も高音質
・片耳だけで聞くことも可能
Melomania1 ケンブリッジオーディオ

コンセントプラグ付きで便利

USB充電できるのでモバイルバッテリーを持ち歩けばかなり使い続けれる。

最後レビュー総評

ケンブリッジオーディオイヤホンは素直に買って良かったと感じる商品です。

17,000円と安いイヤホンではありませんが、音質・装着感、携帯性・見た目、どれをとってもこの金額を出す価値があるイヤホンだと感じました。聞いていて疲れにくい大人ので本当におすすめです!